他人と関わることが基本的に苦手 / あけぼのばし自立支援センター


  • トップ
  • 他人と関わることが基本的に苦手

他人と関わることが基本的に苦手

対人恐怖症

【対人恐怖症の定義】
対人恐怖とは、対人場面で不当な不安や緊張が生じて、嫌がられるとか、不快感を与えるのではと考え、対人関係から身を引こうとする神経症の一種であるとされる。

【対人恐怖症とは】
対人場面で不当な不安や緊張が生じ「誰かに嫌がられる」「自分のせいで誰かが不快な思いをする」などと考えてしまい、徐々に人との関わりから身を引こうとする神経症の一種であるとされる。
特徴としてよく言われているものでは、本人は「外見」「臭い」「表情」「しぐさ」を気にして、他人に不快な思いをさせるのではという恐怖を感じ、社会不安と似ているとされる。 軽度の場合は「あがり症」とも呼ばれる。

【引きこもりとの関係性】
対人恐怖に関しては、引きこもりとの関係性が非常に強く、引きこもりを誘発しやすい症状の1つとして知られております。 早期の段階で解決が出来ないと、社会に出る事を極端に拒み、また、人との関わりを避ける生活を続けた結果、長期の引きこもりに陥って、抜け出せなくなる非常に怖い精神疾患であるとも言われております。

【よくある症状】
・緊張して会話が出来ない
・顔が赤くなって上がってしまう
・他人の視線が気になる
・人と目を合わせる事が出来ない
・人と対峙すると手足が震える
・物音に敏感になる
・人と対峙すると汗が止まらない(手汗・首から上の部位)
・会話で言葉がスムーズに出てこない(吃音)
・息苦しい、動悸がする

実際の相談事例(ご相談者様の許可を頂いて掲載しております)

◆対人恐怖から引きこもっています。
【60歳 父からの相談】
引きこもりの34歳の息子に対人恐怖の症状があり、引きこもりから抜け出せなくなっています。人の視線が気になる、目を合わせて会話が出来ない。症状としてはその程度なのですが、それが治るまでは仕事も探せない。外出できない。と言って会話にならない状態です。外に出て慣れていくしかないのでは?と私は思っているのですが、それ以外に何か方法などはありますでしょうか?家庭が崩壊する前に解決したいです。

◆「誰かに監視されている」など意味不明な発言をします。
【39歳 父からの相談】
高2の息子が不登校になっており、人と会うのを嫌がって外出も出来なくなってしまいました。学校での成績は良く、友達も多かったのになぜ?と思うばかりです。「俺の事を監視している奴がいる」「人と目を合わせると狙われる」など意味不明な事を言うようになっており、妻も私も、どのように息子と接すればいいのか分かりません。部屋で奇声を上げる事もあり、他の家族を残して仕事に行くのが心配です。息子を元に戻して頂く事は可能なのでしょうか?可能なのであれば、息子を預ける事も考えております。お願い致します。

◆営業職を2ヶ月で辞めてしまいました。
【54歳 母からの相談】
娘が職場の異動に伴い、事務職から営業職に異動になりました。昔から人とのコミュニケーションが苦手な子でしたので、私はそれを聞きすごく不安には思っていたのですが、案の定「仕事に行くのが怖い」「人の目が気になる」「仕事に行く前になると汗が止まらない」「帰ってきても誰かに陰口を言われている気がする」などの悩みが出始め、異動から2ヶ月で会社を辞めてしまいました。娘はこの事がトラウマになっているようで、その後は引きこもりのような生活を送っています。人との関わりを持たずに生きていく事は難しいので、どうにか娘には変わってほしいと願うばかりです。何か手立てはありますでしょうか?

心当たりはございませんか?

・1人っ子である
・幼少期から友人が少ない
・人と目を合わせての会話が苦手
・物音に敏感
・見た目にコンプレックスを抱えている
・いじめを経験している
・人前でどもってしまう
・人と会うと汗が止まらない
・被害妄想癖がある

対人恐怖症は、抜け出すことが非常に困難な症状だと言われています。 1度陥ってしまうと、人との接触を極端に拒み、人との接触を避ける結果、引きこもり生活を始めてしまうという悪循環に陥ってしまう疾患です。
本人は、その状況が良くない事だと認識は出来ますが「自分ではどうにも出来ない」「人と関わるなら死んだ方がマシ」「社会に出るのが怖い」「誰かに見られている」「人と会うだけで汗が止まらない」などの悩みや「人に見られるのが嫌」「外に出るのが怖い」という恐怖心が拭えずに、引きこもり生活を長期化させてしまいます。

「あけぼのばし自立研修センター」では、お子様の性格・嗜好・考え方・特性などを深く掘り下げ、年齢や性別も踏まえた上で、そのお子様にあった独自のプランをご提案させて頂き、問題の核となる部分の矯正・緩和を目指します。

まずはお電話でのご相談から始める事をお勧め致します。

*完全秘密厳守をお約束します!
「あけぼのばし自立研修センター」にご相談いただくお客様は、法人役員・公務員・教員・医療関係者・芸能関係者・個人事業主・会社員など様々なご職業の方、またそのご家族と様々です。
当センター顧問 警視庁OB(今野富義)指導のもと、完全秘密厳守という対応を徹底しております。安心してご相談下さい。

「今」とは違う「未来」になっている事をお約束します。