なぜそんなにご近所の生活音を気にするの? / あけぼのばし自立支援センター

  • トップ
  • なぜそんなにご近所の生活音を気にするの?

なぜそんなにご近所の生活音を気にするの?

騒音

騒音とは、騒がしくて不快と感じる音の事である。日本では環境基本法で典型7公害の1つに定義されており、環境基準が設定されている。

【生活騒音の種類】
東京都環境局では以下の5つに分類されている
・家庭用機器からの騒音(冷蔵庫・洗濯機)
・家庭用設備、住宅構造面からの騒音(ドアの開閉音など)
・音響機器からの音(ピアノ・カラオケ・ステレオ・テレビなど)
・生活行動に伴う音(話し声・食器の音など)
・その他、自動車など(クラクション・エンジン音・ロードノイズなど)

【騒音が人体に与える影響】
・心理的不快感、イライラ、ストレス
・頭痛(さらに悪化すると嘔吐)
・睡眠障害
・精神障害
・難聴
・集中力の低下
・認知力の低下
・体力の消耗
・感覚の衰退
・視力低下
・記憶低下

実際の相談事例(ご相談者様の許可を頂いて掲載しております)

◆音に過敏で、ご近所とのトラブルが多く困っています。
(岐阜県在住 61歳 父からの相談)
引きこもりの息子の事で相談です。近所との騒音によるトラブルがここ最近多くて困っています。
この間も、近所の犬が鳴きやまず「犬がうるさいから黙らせてこい!」「すぐに言って鳴き止ませろ!」などの暴言を吐かれました。もちろん私が言っても犬は鳴き止みません。 息子は音に敏感になっている様子で、ここ最近、部屋では大音量で音楽を流しております。理由を聞くと、外の音を遮断するために音量を上げていると。最近では、そのご近所さん相手に壁をドンドンと叩いたりして、ご近所からも騒音で通報されたりしています。
正直、家族全員が疲れてしまっています。対処法などありますでしょうか?

◆物音に過剰に反応し、上下階の住人と何度も揉めています。
(東京都在住 56歳 母からの相談)
夫婦と息子の3人で暮らしております。自宅はマンションなのですが、息子が上下階の住人の方と何度も揉めており、大変困っております。
息子は音にすごく敏感で、私たちには聞こえない位の物音でも過剰に反応を示し、上階に文句を言いに行ってしまいます。警察を呼ばれた事も何度かありますが、息子は警察に対しても「悪いのは上で俺に対して嫌がらせをしている!」「上のやつが出て行けば平和になる!」などの持論を展開して聞く耳を持ちません、警察が来る回数が増えるにつれ、状況はさらに悪化しています。
賃貸ならば引っ越して解決できるのですが分譲なので引っ越しも出来ません。解決策はあるのでしょうか?

◆階下への水漏れでクレームが度々入っています。
(宮崎県在住 49歳 母からの相談)
うちの息子がリビングで熱帯魚を飼っています。その水槽の水が交換作業の時に漏れ、階下からのクレームが度々入り、対応に困っております。
息子は大学を中退してから引きこもりになってしまい、2年前くらいから自宅で熱帯魚を飼い始めました。その後、どんどん水槽が増えていき、現在はリビングに水槽が10個ほどあります。毎日その水槽の水を変える時に床にこぼしており、それが水漏れの原因となって困っています。実際に階下の状況を見せて頂いたら、確かに水漏れがあり、壁や天井などもシミになってカビが生えていました。
息子には熱帯魚などやめて家から出て行ってほしいと思っています。助けてください。

◆自立を促すと荒れて、物を投げたり大声をあげたりします。
(宮城県在住 48歳 母からの相談)
我が家には1人娘がいます。25歳になるのですが、高校を中退してから引きこもりで、かれこれ9年が経ちます。
私も主人も本人のやる気が出るまで静観するつもりでした。しかし、それではいけないと思い、自立を促すような話を半年前からしております。娘は普段は大人しいのですが、自立の話をすると人が変わったように荒れます。家の中の物を手あたり次第に投げたり、大声で奇声をあげたり、家電もいくつか破壊されました。近所の方に通報された事も何度もあります。
もう、私たち夫婦では娘に自立の話が出来ません。預かって自立に導いて頂く事は可能なのでしょうか?娘の事は大好きで何よりも大切です。見捨てるつもりはありません。娘を助けてください。

心当たりはございませんか?

・少しの物音に過剰に反応する
・ささいな事でイライラする
・ストレスの解消方法を知らない
・執着心が強い
・対人恐怖、コミュニケーション障害がある
・統合失調症である
・親子関係が良くない
・自己中心的な人物である
・兄弟、姉妹と同居していない

騒音トラブルは円満に解決することが難しい問題です。 同居のご家族はもちろん、近所の方も巻き込んでのトラブルになると、さらに解決は困難な状態になります。
引きこもりとの関係が無いように思われますが、引きこもりが長期化している場合、騒音のトラブルを抱えているケースは多い傾向にあります。
よくあるケースとしましては、引きこもりのお子様に親が正論や意見を言うと、正しい事を言われている事を、頭では理解出来ているが、認めたくない気持ちが先行することにより、物を投げる、奇声を上げる、壁を叩く、などの行為を繰り返し、その音により家族は近所と騒音トラブルを抱える形となります。
また、親から子供に対して、注意が出来ない状態に陥っている事が多い事も、騒音トラブルの解決を妨げる要因となっております。

「あけぼのばし自立研修センター」では、お子様の性格・嗜好・考え方・特性などを深く掘り下げ、年齢や性別も踏まえた上で、そのお子様にあった独自のプランをご提案させて頂き、問題の核となる部分の矯正・緩和を目指します。

まずはお電話でのご相談から始める事をお勧め致します。

*完全秘密厳守をお約束します!
「あけぼのばし自立研修センター」にご相談いただくお客様は、法人役員・公務員・教員・医療関係者・芸能関係者・個人事業主・会社員など様々なご職業の方、またそのご家族と様々です。
当センター顧問 警視庁OB(今野富義)指導のもと、完全秘密厳守という対応を徹底しております。安心してご相談下さい。

「今」とは違う「未来」になっている事をお約束します。