くまもと湯前町研修所 / あけぼのばし自立支援センター


くまもと湯前町研修所


自然と触れ合える環境で、
医療・福祉と連携したサポートを。

あけぼのばし自立研修センター くまもと湯前町研修所
放課後等デイサービス/児童発達支援

設立の理由

「くまもと湯前町研修所」は、大自然に囲まれた、時の流れが緩やかな環境で、 本人の特性に合わせた多面的なメンタルケアと、就労支援を行う研修所として設立されました。

東京には就職先も非常に多く、都心ならではの利点も多い反面、 人の多さや時の流れの速さが、精神的なサポートを要する研修生には 負担となるケースもございました。

くまもと湯前町研修所では、 「あけぼのばし自立研修センター」と同等の プログラムを、より落ち着いた環境と深い専門知識を 有するスタッフが行ってまいります。

くまもと湯前町研修所だからできること

  • 農業と福祉の連携による就労支援
  • 指導者と生活を共にして生活改善
  • 大自然の中でのレジャー・運動を通した体力づくりと心身の回復
  • 社会福祉士による個別カウンセリング・個別目標設定
  • SBTによるメンタルトレーニング

現代人の抱える悩みやストレスは、「現代社会のあり方」に起因するものです。
日々の忙しさ、複雑な人間関係、あふれる情報に翻弄され、 バランスを失ってしまったお子様たちの心と体は、薬や治療で癒せるものではありません。

精神的な支援を必要とされる方々を迎え入れ、心身のケアと社会適応を支援する場所が『くまもと湯前町研修所』です。
自然と共生し、汗を流して働き、同じ悩みを持つ仲間と共に過ごしながら、自身の心と深く向き合う時間を大切にしています。

生活改善


昼夜逆転の生活、偏った食生活、運動不足による体力の低下、 そしてストレスを抱え疲弊してしまった方には、まず心身の健康を取り戻すことが必要です。
毎朝決まった時間に起床し、採れたての野菜を使った栄養満点の食事で食生活を改善。
豊かな森林は自律神経の安定やリラクゼーション、免疫力アップに効果的です。
また湯前町は温泉の名地でもあり、皮膚疾患などの療養にも効果的です。

体力づくり


プールやサッカー場など、運動施設が周囲に多数ございます。 仲間とふれあいながら、遊びを通して基礎体力を身につけます。
休日には釣り、山登り、バーベキューなど自然の中での豊富なレジャーを楽しめるのも大きな特徴です。

農福連携


農福連携とは、福祉の現場で農業を推進する取り組みです。 現在では障害を持つ方だけでなく、引きこもりや精神疾患を抱える方への支援としても注目されています。
強いストレスを抱えた方、またブランクが長い方でも、 特性を活かして無理なく働ける環境が整っています。

自立研修プログラム(要支援者)

一般的な仕事が続けられず、すぐやめてしまう方は、対人関係や複雑な作業にストレスを感じてしまう傾向にあります。
こうした方々にとって、「自然を相手とした単純作業」が主である農作業は、ストレスが少なく、働きやすい環境であるといえます。

「単純作業が苦にならない」「一つのことに集中できる」といった障害特性は、農作業においては大きな強みとなります。
深刻な人手不足でもある農業現場では、まさにこうした方々の力を必要としているのです。
互いのニーズがマッチングした環境で、専門知識を持つスタッフが、無理のない長期就労をサポートします。

起床・支度・朝食

7:00~8:00
起床し、身支度を整え、みな揃って朝食を取ります。
調理は当番制で、パンの時とご飯の時があります。

生活指導・健康管理

8:00~8:45
身の回りの事を一人でできるよう、掃除・洗濯などの生活訓練指導をしていきます。
基礎体力をつけるため、トレーナー指導のもと筋力トレーニングを行います。

就労

9:00~12:00
就労体験教育として農作業をしていただきます。
収穫、選別作業、箱作り、梱包などの業務から、本人の適性に合った作業を担当してもらいます。

昼食

12:00~13:00
みんなで和気あいあいと昼食を楽しみます。 お弁当か外食のリクエストが可能です。

課外活動

13:00~16:00
川遊び、森林浴を兼ねた散歩、空手練習など様々な活動があります。
皆この時間を楽しみにしています。

夕食準備、夕食

16:00~19:00
近所のスーパーに夕食の買い出しに行きます。
農作業で分けていただいた鮮度抜群の野菜もふんだんに使い、自分たちで調理します。

カウンセリング・スーパーブレイントレーニング(SBT)

19:00~20:00
カウンセリングやメンタルトレーニングは、本人の特性に合わせて行います。
人生を前向きに考える力を育てるための大切なプログラムの一環です。

自由時間・入浴

20:00~23:00
各自好きなことをして過ごします。
カラオケに行ったり、トランプをしたり、雑談をしたり、勉強をしたりと過ごし方は様々です。 

消灯・就寝

23:00~
たくさん体を動かせば、夜は自然と眠くなります。昼夜逆転生活をしていた方も、規則正しい生活を取り戻していきます。
体の疲れをしっかりと取り、翌日に備えます。

自立研修プログラム(非支援者)

生活改善・基礎体力づくり


引きこもり生活で乱れてしまった生活習慣を改善し、体を動かす事から始めます。
農業での就労体験や、自然の中でのレクリエーションを通して精神状態を整え、リスタートる場所が『くまもと湯前町研修所』です。

スーパーブレイントレーニング(SBT)


メンタルカウンセリングの一環として、スーパーブレイントレーニング(SBT)を実施。 専門資格を持つトレーナーが指導を行います。

SBTとは、脳から心を鍛えるメンタルトレーニングです。 無意識にマイナス思考になっている考え方をコントロールし、潜在意識からポジティブに変えることで、 自身の能力を最大限発揮できるようになります。
心の問題や悩みの解消に効果的なだけではなく、周囲とのコミュニケーションなど様々な場面で役立ちます。

進路指導


心の問題が解決したら、将来どうありたいのかを各々で考えてもらいます。
自然豊かな熊本で仕事を続けるか、職業選択の豊富な東京で就職を目指すのか、 よりよい方向へ進めるようにスタッフと面談を重ね、進路を決めます。

研修生の声(ご本人の許可を得て掲載しております)

◆ゲーム依存から抜け出し、充実した日々
【30代 男性】
私はゲーム依存で、両親に何万円も迷惑をかけてしまいました。
注意してきた兄にもナイフを向けるなど、今考えるとおかしくなってたんだと思います。

センターでは魚を釣ったり、野草を採ったりと、 都会ではできない経験をいっぱいして、充実した日々を送っています。

農作業のおかげで基礎体力が付いたので、空手の練習も始めました。
毎日を楽しく前向きに過ごせるようになり、 ここに来てよかったと思っています。

◆自分のペースで、充実した日々
【20代 女性】
当時は、嫌なことのすべてを親のせいにして、 3年間引きこもっていました。
受験の失敗やバイトが長続きしないことも自分で分かっているのに、「ちゃんとしなさい!」と言われていたことが 鬱陶しかったのです。

そんなときセンターの職員さんから「焦らなくても良いんだよ」と誘われて熊本の研修所に来ました。

野菜の収穫や仕分けなど、自分のペースで仕事が出来るので、 充実した毎日が送れています。
ゆったりとした時間の流れが心地良く、温泉と大自然の風に 癒されています。

◆前を向く方法を学びました
【30代 女性】
私は、交際相手に依存し、リストカットを繰り返してきました。
自殺未遂で病院に搬送された後、両親に連れられてここに来ました。

同じ悩みを持った仲間とピアサポートカウンセリングを受け、前を向く方法を学ぶことができました。
今では、新しく入寮した子たちに、当時の経験を伝えています。

◆落ち着いて考えられるように
【50代 男性】
母親への暴言を繰り返し、兄弟、親戚へも迷惑をかけていました。
当時は暴言やお金の無心に対して、正直麻痺をしていました。

今、振り返って考えると、暴言やお金の無心をしていた理由も幼稚なものでした。

このように落ち着いて考える事ができるようになれたのも、いつも笑顔で接してくれる皆さんのおかげかなと思っています。

施設内の写真

レクリエーション

食事・生活指導

農業

*完全秘密厳守をお約束します!
「あけぼのばし自立研修センター」にご相談いただくお客様は、法人役員・公務員・教員・医療関係者・芸能関係者・個人事業主・会社員など様々なご職業の方、またそのご家族と様々です。
当センター顧問 警視庁OB(今野富義)指導のもと、完全秘密厳守という対応を徹底しております。安心してご相談下さい。

「今」とは違う「未来」になっている事をお約束します。