女性専用プラン / あけぼのばし自立支援センター

女性専用プラン

近年、女性の「引きこもり」や「家庭内暴力」も日々増加しています。
雇用機会の男女均等化という概念が定着した現代社会においても、やはり女性の就業については、まだまだ男性に比べ、就業機会に制限があり、さらに女性の引きこもりには、女性独自の根深いコンプレックス等が起因している場合も少なくありません。
『女性の自立』に対する障壁は、男性以上に高いものです。

女性の問題には女性によるサポートが必要な場面が多数存在します。

女性ならではのきめ細やかなサポート

あけぼのばし自立研修センターの大きな強みとして、女性スタッフの在籍数があげられます。
女性研修生には女性スタッフが接する。このシンプルな発想が、自立に向けて絶大な効果を発揮する事は長年の経験で確認済みです。
ご相談者様からの要望にお応えする形で、この度女性専用プログラムを開設する運びとなりました。

女性特有の悩みや、男性スタッフには出来ない相談。共に買い物に出かけたり、共に食事を摂ったり、普段の生活から共にする事でしか分かりえないであろう心の奥底の悩みを聞き、適切にアプローチを図ってあげる事が非常に有効です。
あけぼのばし自立研修センターでは説得の段階から女性スタッフが対応する事により、お子様も心を開きやすい環境が整っております。

女性研修生に聞いた引きこもり当時の声

・外に出たら知り合いに見られるのでは?と怖かった
・女性に相談がしたかった
・両親には言えない悩みを抱えていたので話せなかった
・親に暴言を吐いたり暴力を振るったりする自分が嫌だった
・引きこもっている間に見た目も変わってしまい自信を無くした
・孤独で押し潰されそうだった
・親からのプレッシャーに耐えられなかった
・女友達がずっと欲しかった(映画を見たり・食事をしたり)
・もっと早く助けて欲しかった(家には味方がいなかった)
・親は私の事を何も分かってくれず悲しかった

実際の相談事例(ご相談者様の許可を頂いて掲載しております)

◆いじめが原因で引きこもっています。
東京都在住 61歳 母からの相談
今年、25歳を迎える長女の自立の件でご相談させてください。中学生の時にクラスの男子からいじめに遭い、それ以来、不登校、引きこもりとなりました。かれこれ5年が経ちます。このままでは良くないと思い、最近も、娘に自立の為の話を私と主人でしたのですが「お母さんの責任でこうなった」「あの学校に行かせた親が悪い」「一生面倒見ろ」など言われて話をする事も難しい状態です。
とても大切な娘です。前みたいに笑顔を取り戻してほしい。また家族みんなで旅行に行きたい。これが私たちの願いです。娘を救って頂けるのでしょうか?

◆妻への暴力が酷く、家族では解決できません。
愛知県在住 47歳 父からの相談
一人娘の家庭内暴力の相談希望です。我が家にいる22歳の一人娘から妻に対する暴力が酷く、私が仕事から帰宅すると、度々妻の顔にアザが出来ているなど心配な事ばかりです。娘に私が問いただしても無視。何を聞いても無視。それでも強めに言う事もありますが、その際は、暴言を吐きながら食器などを投げてくる始末です。破壊行為もあり、家庭内での解決は不可能なのではないかと感じてます。
親としてやれることはやったつもりですが悪化していく一方で疲れてしまいました。一人娘なので甘やかしすぎたのが原因だと思っています。だからこそ親のいう事が聞けないのかな?とも考えます。何が正解かわかりません。助けてください。

◆友達ができず不登校になってしまいました。
福岡県在住 43歳 父からの相談
現在17歳で高校2年の娘の引きこもりの相談をさせてください。娘は元々、コミュニケーションが苦手なとこがあり、友人も昔から少ないです。学校には頑張って行っていましたが、やはり友人が思うように出来ず、2年生の夏休みの前後から休みがちになり、現在では完全に不登校になっております。性格は小さい時から優しく真面目で大人しかったです。自分から話かけるタイプでは無いので中々コミュニケーションがうまく取れないのかもしれません。
正直、高校に関しては無理に行かなくてもいいと思っています。それよりも娘の今後が心配です。少し年上のお姉さんと出会う事が出来れば変わるのかな?とも思ったりします。御社でそのようなプログラムもあるのでしょうか?

◆長年の引きこもりで食事も摂りません。
宮城県在住 68歳 母からの相談
引きこもりになってから25年以上の娘が最近食事も摂らなくなっており、痩せてきています。好きだったお風呂にもここ2週間、入っていません。小学校で男性教師から嫌がらせを受けて以来、引きこもり状態です。
娘は現在37歳ですが、生きる喜び、友人や仲間、将来の目的くらいは見つけてほしいと願っています。娘の笑顔も見たいです。娘と旅行に行きたいです。娘と外食がしたいです。孫も見てみたいですが贅沢は言いません。まずは笑顔を取り戻してほしいのが本音です。私たちに代わって娘の笑顔を取り戻して頂けないでしょうか?本当に、本当に藁にも縋る気持ちです。どうか娘をお願いいたします。

心当たりはございませんか?

・過去のことばかり気にしている
・周囲の目ばかり気にしている
・近所への外出も怖い
・趣味や楽しいことが何もない
・ネット通販などで頻繁に買い物をする
・占いを信じている
・家事や片付けが全くできない
・プライドが高く、潔癖である
・継続して努力することができない
・過食・拒食がある(摂食障害)
・顔立ちや体型にコンプレックスがある(身体醜形障害)
・対人恐怖症、うつ、強迫性障害、パニック障害である
・大人しくてコミュニケーションが苦手
・男性との交際にトラブルやトラウマがある
・学校・会社でいじめ(パワハラ)を受けた事がある
・親子の立場が逆転している
・親子間での会話を言葉を選びながらしている
・自立の話になると急に態度が変わる
・話しかけても無言、返答が無い
・過保護に育てた自覚がある

女性ならではのきめ細やかなサポート

上記のように、女性には女性特有の悩みも多く含まれており、実際に女性スタッフが接する事で大きな改善が出来ております。
お電話にて詳しく現在の状況などをお聞かせ頂ければ、お力になれる事は少なくありません。
解決の一歩は電話から。まずはお電話にて状況をお聞かせ頂ければと思います。
ご連絡お待ちしております。

当センターでできること

デリケートな悩みを抱えた女性、男性にコンプレックスをもつ女性のお子様に安心してご利用いただけるよう、 女性スタッフが全面的に指導に当たります。
お子様の状態やご要望により、徐々に男性スタッフの対応を増やしていくことも可能です。

当センターでは、複数の女性スタッフを擁し、あらゆる場面に対応できる環境を整えております。
また、引きこもり等の問題を抱える女性ご本人からのご相談も随時受け付けております。
LINE・メール・お電話、勇気を出してお問い合わせください。

「あけぼのばし自立研修センター」では、お子様の性格・嗜好・考え方・特性などを深く掘り下げ、年齢や性別も踏まえた上で、そのお子様にあった独自のプランをご提案させて頂き、問題の核となる部分の矯正・緩和を目指します。

まずはお電話でのご相談から始める事をお勧め致します。

*完全秘密厳守をお約束します!
「あけぼのばし自立研修センター」にご相談いただくお客様は、法人役員・公務員・教員・医療関係者・芸能関係者・個人事業主・会社員など様々なご職業の方、またそのご家族と様々です。
当センター顧問 警視庁OB(今野富義)指導のもと、完全秘密厳守という対応を徹底しております。安心してご相談下さい。

「今」とは違う「未来」になっている事をお約束します。